ご家族の介護・介助負担の軽減 (=ご本人の身体能力向上→その結果として医療・介護費の軽減)

 

 

 

介護・介助にも色々ありますが、ほとんどは

 

「ご本人の動作能力が低下しているので、

 

それを手伝っている」というものですね。

 

 

 

 

 

 

 

であれば、「ご本人の動作能力が高まれば

 

手伝い(介護・介助)を減らせられる」

 

言えるので(認知症などは別ですが)、動作

 

能力を高めてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

動作改善をシンプルに捉えると、「2本柱」

 

になります。それは、

 

 

 

 

①動作改善に不足するものは、足す。

 

 

②動作改善をジャマするものは、取り除く

 (減らす)。

 

 

 

 

これだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

各動作は相互に関連がありますが、

 

あえて分けると、

 

 

 

あなたの高齢のご家族は、特に

 

どの動作に困っていますか? 

 

 

 

→寝返り・起き上がり(ベッドや布団での)

 

 

→立ち上がり・座り

 

 

→方向転換(車椅子への移乗や、洋式トイレ

 に腰かける動作など)

 

 

→移動(歩行。平地や段差など)

 

 

 

 

 

 

→フローの最初のページへ戻る

 

 

→サイトマップで全体像を見る