出版作品のご紹介

無料イラスト【イラストAC

 

 

 

 

 

 

 

はじめに

 

 

 

私のペンネームである「レナト」は「再生」を

 

意味します。

 

 

 

 

困っている人や苦しんでいる人が方法を得て、

 

心身ともに「再生」し、命の光を輝かせる

 

お手伝いなればと、多くは絵本風の書籍の

 

形でリリースしています

  

 

 

 

2020年11月現在、以下のようなジャンルで

 

出版させてもらっています↓

 

 

 

・「家族もできるリハビリ・シリーズ」

 

・「判断・分析のしかた」

 

・「疲れの『やりくり』」

 

・「コミュニケーションに苦しまない」

 

 

 

↑AmazonのKindle Unlimitedにご登録の方は

 

無料でご覧になれます(読み放題の対象)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族もできるリハビリ・シリーズ

 

 

 

 

 

↓クリックすると、Amazonへ移動します。

画像37.jpg

 

 

 

 

 

 

 

少子(超)高齢化・労働力不足に加え在宅医療

 

増加の中、介護だけでなく、リハビリも

 

「家族が行う時代」もう入っているかも

 

知れません。

 

 

 

 

専門職でなくてもできるリハビリ、安全・

 

カンタン・超低負荷、それでいて効果が

 

出やすい方法絵本風にご紹介しています

 

詳細は↓をクリックしてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その1 身体の中心を安定させる

 

 

画像49.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2 身体の土台をつくる

 

 

  .7画像7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3 身体の柱をつくる

 

 

  画像87.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その4 身体の硬さや痛みをとる

 

 

 画像97.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その5 介助方法や福祉用具など

 

 

 画像107.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

判断・分析のしかた

 

 

 

「とっさの判断」や「臨機応変な対応」が苦手

 

困っている人、

 

 

 

 

「分析→改善のしかた」が分からず、良い結果

 

を出せていない人、

 

 

 

 

人間関係などの諸問題に悩む人など、

 

 

 

 

カンタンな方法で、どんどん「判断」して

 

行きましょう。常に「最善の1手」を割り

 

出せれば、自ずと「納得」が増え「後悔」は

 

減りますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 →書籍(前編)の詳細ページへ

 

 

画像117.jpg

 

 

 

 

 

 

 →書籍(後編)の詳細ページへ

 

 

画像127.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れの「やりくり」

 

 

 

 

「体・頭・心」 のどの疲れが深刻化しても、

 

すべての疲れに影響します。

 

 

 

 

回復が間に合わないまま活動するのはとても

 

つらい上に、悪循環にハマりやすくなるので、

 

 

 

 

お金と同じく疲れも「やりくり」する方法を

 

身につけ、あなたが本当にやりたいことにも

 

エネルギーを回して下さいね。

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 →書籍(前編)の詳細ページへ

 

 

画像137.jpg

 

 

 

 

 

 

  →書籍(後編)の詳細ページへ

 

 

画像147.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションに苦しまない

 

 

 

 

「コミュニケーション」は語源的にも相手との

 

「共有が鍵」なので、決して「しゃべる能力

 

=コミュ能力」ではありません。表情やジェ

 

スチャーでも「共有」できれば良いことから、

 

言葉は「手段の一つ」に過ぎないと言えます。

 

 

 

 

相手との「共有率」を高める方法を「受け手」

 

と「発し手」の立場で、それぞれ豊富な例で

 

ご紹介しています。

 

 

 

 

コミュニケーションを誤解した上に、それに

 

苦しんでいる人は、「共有率を高める」意識

 

と方法を身につけて、ラクになって下さい

  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  →書籍(前編)の詳細ページへ

 

 

画像157.jpg

 

 

 

 

 

 

 →書籍(後編)の詳細ページへ

 

 

画像167.jpg

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(仮題)もっと寝られる方法

 

 

 

 

(作成中)