ごあいさつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ~ 人間は「多分どうにかなるだろう」から、卒業できる? ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、TVで映画を観ました。1973年版の「日本沈没」です。

 

 

 

 

 

映画の中でも、最初に科学者が異変に気づき警鐘を鳴らすのですが、

 

 

 

 

 

周囲は「まさか。それに、大異変が来なかったら、どうするんだ」というような、お約束の?反応をします。

 

 

 

 

 

「大丈夫かも知れないから、しばらく様子を見よう」という、人間が持つ「正常性バイアス」は、

 

 

 

 

 

最近のコロナ騒動でも、まったくその通りの展開になってしまったことから、とても強力な性質と考えられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「風が吹けば桶屋(おけや)が儲かる」ということわざがあります。

 

 

 

 

 

一見すると全く無関係に見える場所や物事に影響が及ぶ喩え(たとえ)ですね。

 

 

 

 

 

現代では桶屋を見かけませんが(笑)、江戸時代では、

 

 

 

 

風が吹く

 

→(舗装されていない道で)土ぼこりが舞う

 

→眼に入って眼を悪くする人が増える(眼科医も少ない)

 

→視力低下でも出来る三味線ひきの仕事をする人が増える

 

→三味線の材料に猫の皮を使うため街から猫が減る

 

→街にネズミが大量発生し、各家庭の桶をかじってしまう

 

→桶屋に注文が殺到する(儲かる)、ということですね。

 

 

 

 

 

 

この世には「因果関係」というものがある、という話とも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「因果関係」の図式が見えている人は、「先の展開」を予測しやすくなります。

 

 

 

 

予測した上で、その人がどういう行動を取るかは、その人次第ですね。

 

 

 

 

例えば、危険が迫っているなら、周囲の人々に(変に思われながらも)警鐘を鳴らす人もいれば、我先に逃げる人もいます。

 

 

 

 

どちらが良い悪いではないですが、「どうにかなるだろう」という何もしない(意識の外へ追いやってしまう)対応は、

 

 

 

 

今回のコロナ騒動を見ても、とても危険な対応であることが、イヤというほど分かりましたね。

 

 

 

 

 

 

【10枚セット】【5月上旬発送予定】マスク 水着素材 マスク 洗える 在庫あり 洗えるマスク 水着マスク 布 カットガーゼ 大人用 子供用 通気性 ますく mask 繰り返し マスク フィルター 伸縮性 送料無料 通勤 おしゃれ 10枚

価格:2,180円
(2020/4/28 23:54時点)
感想(220件)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はリハビリの専門職なので、その関連で話をしますが、

 

 

 

 

 

今回のコロナ騒動で、閉鎖するデイサービスなどが出ているのは、皆さんがご存知の通りです。

 

 

 

 

 

介護分野はもともと人材確保が困難な状況の上に、このコロナショックで大打撃を受けています。

 

 

 

 

 

介護の人材不足や事業所の閉鎖などは、代わりにご家族が介護をすることに直結して来ます

 

 

 

 

 

 介護離職」で家庭内の経済状態が悪化する話は、決して他人事ではないですね。

 

 

 

 

「介護」ほど目立ちませんが、労働力不足は「リハビリ」も同じです。

 

 

 

 

しかも、ご本人の動作能力が低下すれば→介護量が増えるので、「介護」と「リハビリ」とは密接な関係があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人材不足や事業所の減少が続けば、「介護」同様、「リハビリも家族が行う」必要性が高くなります。

 

 

 

 

 

もちろん、リハビリの専門職でないと対応できない類のものはありますが、

 

 

 

 

 

ご家族が安全かつ簡単にできる類のものもあるのです。

 

 

 

 

 

私が「レナト式リハビリ」と銘打って、書籍やYouTube、Instagramなどでご紹介して来た方法は、

 

 

 

 

 

「(リハビリ専門職でない)ご家族がリハビリを行う」ための方法です。

 

 

 

 

 

人間に共通した部分をリハビリするため、基本的には誰に対しても行えますし(もちろん例外はあり得ますが)、

 

 

 

 

 

専門的な知識がなくても、安全にカンタンな方法で行えて、効果が出やすく

 

 

 

 

 

施す人にも、施される人にも労力の負担が少なく、それゆえに継続しやすいです。

 

 

 

 

 

そういう方法を厳選したものが「レナト式リハビリ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 風が吹けば桶屋が儲かる」のような「因果関係」をふまえ、「先の展開」を予測すると、

 

 

 

 

「労働力不足?、介護離職?、どうにかなるだろう」と高を括っても大丈夫な人は、どれだけいるのでしょうか?

 

 

 

 

 

今回のコロナ騒動のように、「まさか、こんなことになるなんて」とか、「政府がもっと助けてくれないと」などと、

 

 

 

 

その時になって困り果てることを繰り返して欲しくないです(実際、ウルトラCのような方法がないと、労働力不足は改善しないでしょうし)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「レナト式リハビリ」が、すでに必要とされている人々や、今後必要になると予測できる人々の元に届き、

 

 

 

 

 

少しでも、お役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

できれば、少しずつでも、もう始めて下さいね☺☺☺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・出版作品(Amazonにて←Kindle Unlimitedにご登録の方は、読み放題の対象なので、無料で読めますよ)

 

 →「こんなの初めて! 家族もできる、あまり動けない人へのリハビリ(その1~5)」

 

 

 

 

 

・YouTube

 

 →「人生リハビリちゃんねる」

 

 

 

 

 

・Instagram

 

 

 

 

 

・無料メールマガジン(まぐまぐ)