4作目 「身体の硬さや痛みを取り、動作をなめらかにする」

  ※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

表紙写真トリミング済.jpg

 

 

↑4作目の紙の本も出ました→こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <4作目の主な対象者>

 

 

 

 

●全身が硬くなって動けない(動きにくい)人

 

 

 

 

→長時間寝ているために、上半身が板状で、寝返りや起き上がりが困難な人

 

 

腰かけても、上半身が後傾してしまったり、前へズリ落ちそうになる人

 

 

→立ち上がろうにも、上半身が前方へ移動できず、立つのが困難な人

 

 

 

→立ち上がっても、立った姿勢が腰をそった、つらい姿勢な人

 

 

→歩き出そうとしても、硬さが体重移動を邪魔して、最初の1歩が出ない

 

 

 

→歩き出しても、体重移動が不十分で、つまづいたりすり足

小刻み歩行になる人

 

 

→動作全般に、硬さ・ぎこちなさが目立ち、不安定な人

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

全身の硬さから、痛みが出てしまっている人(その結果、動けない人)

 

 

 

→動こうとすると、あちこち痛い人(首、肩、腰、膝、足首など)

 

 

→介助で動かそうとしても、同様にあちこち痛がる

 

 

介護する人自身も痛い場合(腰痛、四十肩・五十肩、寝違え、腱鞘炎など)

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

身体が硬いために、寝返りや横向きに寝る姿勢が困難で、床ずれ(褥瘡)が出来やすい人

 

 

 

同じ姿勢で長時間・長期間過ごすために、床ずれが出来やすい人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※動作改善が目的の本なので、上記のような対象者としていますが、

 

 『肩こり』も改善する可能性があります。

 

 

 

 Cになるには (10)_LI - コピー.jpg

 

 

 

 

 

例えば、肩甲骨の内側のコリがつらい人への対策なども、

 

 

 

 

 

4作目に掲載しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、頭(脳)への血管は首の筋肉の間を走るため、

 

 

 

 

首や肩の筋肉(筋膜)が硬くてパンパンに張っていると、

 

 

 

 

血管を圧迫してしまいます。

 

 

 

 

そのために起こる(頭への血流不全で起こる)、

 

 

 

 

『頭痛』や『めまい』にも効果があります

 

 

 IMG_8676 (83)_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、

 

 

 

 

リンパの流れも改善します。

 

 

 

 

血液(血管)と異なり、心臓のポンプ作用が利用できないため、

 

 

 

 

リンパ液(リンパ管)は周辺の筋肉の収縮・弛緩の動きに

 

 

 

 

ポンプの働きをしてもらわなくてはなりません。

 

 

 

 

筋膜と筋肉は連動するため、

 

 

 

 

筋膜や筋肉が硬くて収縮・弛緩しづらいと、

 

 

 

 

リンパの流れに悪影響があるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

⚫ はじめに(設定など)

 

⚫ 補足

 

⚫ 主な登場人物

 

⚫ 1~3作目のふりかえり 

 

⚫ 硬くて、痛くて

 

⚫ 寝返れない

 

⚫ 横向きの寝方もできない 

 

⚫ キンマクくんが硬くなる時

 

⚫ キンマクくんが硬くなると、痛みにつながる

 

⚫ いきなり腕や脚を動かされると、つらい 

 

⚫ 寝違えは、本当に寝違えたの?

 

⚫ 腱(鞘)炎の痛みも、使い過ぎ+硬さ

 

⚫ 腰痛も筋膜が硬いと起こりやすい

 

⚫ 五十肩ほか、関節の内圧が高まり起こる痛み 

 

⚫ 身体の背面が硬いと、何が困るか

 

 ①起き上がれない

 

 ②腰かけられない

 

 ③車椅子からズリ落ちる

 

 ④立ち上がれない

 

 ⑤歩きにくい 

 

 

⚫ 硬さは波及して行く

 

⚫ 痛みのある部位に問題があるとは限らない

 

⚫ 硬さの悪影響のまとめ

 

⚫ 筋膜が伸びなくなる要因のまとめ

 

 ①気温が低下して、身体が冷える場合

 

 ②体重で押しつぶされている時間が長い場合

 

 ③活動量が乏しい場合

 

 ④筋肉をよく使った後に、ほぐす等のケアが不足する場合

 

 ⑤硬くなったまま放置して全身的に硬さが波及してしまう場合 

 

 

⚫ ほぐす際の考え方

 

 1.上半身:胸と肩甲骨を挟んでほぐす

 

  ①身体が許す部位を、許す方向から、始める

 

  ②まずは片手をほぐす側に使う

 

  ③軽く小さく『ゆする』

 

  ④両手を使う理由

 

  ⑤左右の手を反対方向へほぐす 

 

 

 

2.上半身と下半身:肩甲骨とその反対側の太腿外側を挟んでほぐす

 

  ①開始姿勢

 

  ②方法 

 

⚫ 腕をほぐす

 

⚫ 脚をほぐす

 

⚫ 自分をほぐす(セルフケア) 

 

 

⚫ まとめ

 

⚫ 5作目のご紹介

 

⚫ あとがき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

身体の硬さから来る痛みは、痛い部位には問題がないことが多いです。

 

 

 

 

下図の人達がそれぞれ1つの筋肉だとすると、

 

 

 

 

 

IMG_8675 (64) - コピー_LI.jpg

 

 

 

 

縮こまった筋肉に向かって、周辺の筋肉が引っ張られ、

 

 

 

 

 

最終的に、悲鳴を上げる別な筋肉が出てきます。

 

 

 

 

 

下図で言うと、左端の筋肉です。

 

 

 

 

IMG_8675 (70) - コピー_LI.jpg

 

 

 

 

 

 

つまり、痛みを訴えている部位に治療を施しても、

 

 

 

 

その部位に問題はないため、一時しのぎで改善せず

 

 

 

 

縮こまっている他の部位をほぐしてあげれば

 

 

 

 

痛みが解決することが、よくあります

 

 

 

 

こういうことが、体のあちこちで起こっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「病院に何年も通っているけど、痛みやコリがよくならない」

 

 

 

 

そんな症状は、上記の状態である可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう「身体のつながりからくる痛み」を改善する鍵は、

 

 

 

 

全身を覆う「筋膜」を緩めてあげることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の中では、どういう仕組みで硬さが波及してしまうのか、

 

 

 

 

どう対応・予防すれば良いのか、などをお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、動作を邪魔する硬さや痛みを取り除くことが主目的ですが、

 

 

 

 

病院へ行っても治らない痛みを抱えている方全員にとって、

 

 

 

 

価値ある情報をお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→その1「身体の中心を安定させる」へ

 

 

→その2「身体の土台をつくる」へ

 

 

→その3「身体の柱をつくり、傾きを直す」へ

 

 

→その5「在宅特集:家族がリハビリをする時代」へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ