1作目 「身体の中心を安定させる」

※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

1作目.jpg

 

 

 

 

 

<1作目の主な対象者>

 

 

 

 

●全ての人(特に、あまり動けない人。寝返り、起上り、立上り、歩行など

 

→全ての動作で、「腹部の安定=腹筋の収縮」が必要なため

 

 

 

 

 

 

 

●骨盤が開き気味の人(片方または両方の膝が開き気味)

 

→骨盤が開き気味だと腹圧が下がるため、腹筋が締まりにくいため

 

 

 

 

 

 

 

●背もたれがないと座っていられない人(あまり動けない人に限らず)

 

 

→腹部の安定がないと、上半身を支えていられないため

 

 

 

 

 

 

 

腰痛になりやすい人(腹筋の代わりに腰の筋肉などを使う)

 

 

→例:寝返る際に脚で蹴って、腰をそらせながら回転する人

(腹筋を使うのが苦手なため、腰を酷使する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

 

 はじめに(設定など) 

 

 補足 

 

 主な登場人物 

 

 なんか大変そう 

 

 なんで動きたくないの? 

 

 効率的なシステムが崩れたら、「悪循環」へ 

 

 「最適化」して「好循環」に戻す

 

 なぜ、誰にでもできるの? 

 

 地球人は、頭が低いと動きにくい 

 

 お腹の力を抜いて、動けますか? 

 

 腹筋練習なんて、とても無理そう 

 

 お腹の筋肉が締まるように その1 

 

 運動学習 

 

 お腹の筋肉が締まるように その2

 

 まとめ 

 

 2作目のご紹介 

 

 

 あとがき 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

 

このシリーズでは、リハビリの定義を狭義の「動作改善」としています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、お腹の力を抜いて、何かの動作がうまく出来ますか?

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、

 

 

 

 

「力の拠り所」がなくて、フラフラと不安定な動作になってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな動作も、

 

 

 

 

身体の中心であるお腹の力が抜けた状態では、安定して行えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹の筋肉が締まることで「力の拠り所」となり、

 

 

 

様々な動作が可能になるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

高齢や病気の影響であまり動けない人に、

 

 

 

従来の腹筋のトレーニングは無理があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのような人は、

 

 

 

お腹に力が入らず、不安定な動作をし続けなければならないのでしょうか? 

 

 

 

 

 

それではご本人もつらいし、介護するご家族も大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レナトはこの作品の中で、

 

 

 

 

ご本人がほとんど動かなくてもやれる方法で、

 

 

 

 

身体の中心を、まずは安定させて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても簡単でシンプルな方法なので、

 

 

 

レナトと一緒にやって行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→その2「身体の土台をつくる」へ

 

 

→その3「身体の柱をつくり、傾きを直す」へ

 

 

→その4「身体の硬さや痛みを取り、動作をなめらかにする」へ

 

 

→その5「在宅特集:家族がリハビリをする時代」へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ