2作目 「身体の土台をつくる」

※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

2作目.jpg

 

 

 

 

 

 

→転倒を言い換えれば、「上半身を支え切れずに、落下させてしまう状態」です。

 

 

→お尻まわりの筋肉の後方が弱いと、起こり易いです。

 

 

→お尻まわりの筋肉の外側が弱いと、起こり易いです。

 

 

→筋肉のクッションが無いために、骨に衝撃が直接伝わり、

折れやすくなります。

 

 

→筋肉のクッションがないと、骨の突起部の圧力が高まってしまい、

皮膚が負けてしまいます。

 

 

→片側の脚に体重移動できないと、反対側の脚は軽くならず、

浮かせて移動させられません。

 

 

→「最初の1歩」が出ない理由と同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球人の身体は、身体の中心であるお腹の筋肉が締まってこそ、

 

 

 

 

 

ご近所さんの筋肉たち(体幹や股関節周囲の筋肉など)も連動して締まることができ、

 

 

 

 

 

その結果、効率的な動作ができます(ラクに動けます)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのご近所さんの筋肉の中でも、2作目で優先的に取り上げるのが、

 

 

 

「お尻まわり」の筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きな仕事をするためには、大きな筋肉が必要です。

 

 

 

地球人の身体の中で、特に大きな筋肉が集まっているのは「お尻まわり」ですね。

 

 

 

 

 

上半身という重いものを落下させず(転倒させず)に支える、という大きな仕事を担当しているから、

 

 

 

 

 

 

お尻まわりの筋肉は大きく、しっかりしていなくてはならないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、何らかの理由で、

 

 

 

 

 

 

お尻まわりの筋肉がやせてフニャフニャになってしまっている人を多く見かけます。

 

 

 

これでは、重い上半身を支えられず、当然転倒のリスクが高まってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若くて元気な人なら、負荷をかけた筋力トレーニングでお尻まわりの筋肉を作ることもできるでしょうが、

 

 

 

 

 

 

高齢や病気の影響で、そのような方法が取れない人がたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

そのような人は、何度も転んで、そのうち大ケガして入院してしまいかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、退院する際にお尻まわりの筋肉が作られていないと、

 

 

 

 

 

やはりしっかり動けないため施設へ入所せざるを得ず、

 

 

 

 

 

自宅での生活が続けられなくなる人がたくさんいらっしゃいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レナトのリハビリでは、

 

 

 

 

 

あまり動けない人でも、お尻まわりの筋肉がシンプルかつ簡単に作れます。

 

 

 

 

 

 

もちろん、誰にでもできる方法なので、ご家族や看護師、ヘルパーの人など、誰でもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の中では、たくさんの写真を使い、皆さんが再現しやすいように説明させて頂きましたので、

 

 

 

 

 

レナトと一緒に一つ一つ、やって行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、お尻まわりの筋肉は、

 

 

 

 

 

上半身の重さを支える以外にも、

 

 

 

 

 

 

大事な仕事をたくさんこなしていることが紹介されますので、

 

 

 

 

 

 

自宅での生活を続けて行きたい方やご家族の方は、ぜひご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→その1「身体の中心を安定させる」へ

 

 

→その3「身体の柱をつくり、傾きを直す」へ

 

 

→その4「身体の硬さや痛みを取り、動作をなめらかにする」へ

 

 

→その5「在宅特集:家族がリハビリをする時代」へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ