3作目 「身体の柱をつくり、傾きを直す」

※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

 

 

3作目.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <3作目の主な対象者>

 

 

 

 

上半身が横に傾いている人

 

 

 

→座るのがつらいため、食事は家族から離れてベッドで行う

 

 

→同じく、病院の受診も待ち時間が耐えられず、うまく行いかない

 

 

→傾いたまま動く(歩く)ため、不安定で疲れやすい

 

 

   

 

 

 

 

 

 

●上半身が前傾(後傾)している人

 

 

→左右ともウエストの筋肉が弱いと、上半身を支えられず、

前か後ろに倒れた座り姿勢になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

 

 はじめに(設定など)

 

 補足

 

 主な登場人物

 

 1~2作目のふりかえり

 

 土台の次は、柱

 

 ウエストの触り方

 

 ウエストを触ってみよう

 

 傾くのは弱い側?、強い側?

 

 両側のウエストが弱い場合

 

 ウエストの筋肉のつくり方

 

 ウエストの筋肉が締まるよう追い込む

 

 物を取るような動きが出来る場合の方法

 

 相手が何もしなくて良い方法

 

 ワン:体重を誘導する

 

 ツー:肩の筋膜などを寄せる

 

 スリー:締まったウエストをキープ&トントン

 

 相手の正面から行う場合

 

 寝ている相手に行う場合1

 

 寝ている相手に行う場合2

 

 ウエストはお尻とコラボ

 

 効果

 

 まとめ

 

 4作目のご紹介

 

 あとがき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

 

 

リハビリの現場では、上半身が横に傾いてしまっている人を見かけます。

 

 

 

 

 

 

背骨が歪んでしまっている人は別ですが、

 

 

 

 

 

 

体幹の中でも、ウエスト付近の筋肉に左右差があるために、

 

 

 

 

 

 

そうなっている人がたくさんいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3作目では、上半身の左右を支える「ウエストの筋肉」を、

 

 

 

 

 

やはり簡単かつシンプルな方法で作って行きます。

 

 

 

 

 

 

しかも、1~2作目と同じく、

 

 

 

 

 

 

リハビリを受けるご本人は、ほとんど何もしなくて良い方法なので、

 

 

 

 

 

 

「あまり動けない人」でも、ウエストの筋肉を作って行くことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球人の身体は、何の理由もなく勝手に横に傾いたりはしません。

 

 

 

 

 

必ず物理的な理由が、そこにはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気の影響もあり得ますが、

 

 

 

 

 

もし病気の影響だけだとしたら、

 

 

 

 

 

 

なぜ、その人は右なら右へ傾いているのでしょうか?(左ではなく)

 

 

 

 

 

 

そこには、「右へ傾く物理的な理由」があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐ座れるようになると、座れる時間が延長されます。

 

 

 

 

 

 

そうすると、

 

 

 

 

 

ベッドから離れて、家族と一緒に食事することができたり、

 

 

 

 

 

 

病院の待ち時間に耐えられるから、受診に行けるようになったり、と

 

 

 

 

 

 

具体的に、生活の質が高まって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、動作もしやすくなりますし、

 

 

 

 

 

 

傾いた側への転倒も防ぎやすくなります。

 

 

 

 

 

 

周りに身体が横に傾いてつらそうな人がいるご家族の方などは、ぜひご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→その1「身体の中心を安定させる」へ

 

 

→その2「身体の土台をつくる」へ

 

 

→その4「身体の硬さや痛みを取り、動作をなめらかにする」へ

 

 

→その5「在宅特集:家族がリハビリをする時代」へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ