書籍「しっかり寝ようよ! 長期実習」(作成中)

 

 

 表紙

 

表紙案 ねこ 枠線つき.jpg

 

 

 

 

 

 

この本のタイトル

 

 

「臨床や介護の現場へ向かう

 医療福祉系学生へ

 

 しっかり寝ようよ!長期実習

 

 ~睡眠不足は、つらい×つらい~」

 

 

 

 

 

 

販売形式

 

 

 

Amazonにて

 

  →電子書籍

  (Kindle Unlimitedにご登録の方は

   無料の「読み放題」の対象です)

 

 

  →紙の書籍

 

 

 

 

 

 

 

この本の主な対象者

 

 

 

 

1. 医療福祉系の長期実習で、

   睡眠不足に苦しみたくない人

 

     

     ①体力に自信がなく、

      長期実習に不安を感じている人

  

     ②作業を要領よく終えられず、

      睡眠不足になりやすい人

 

     ③睡眠不足により失敗が増え、

      「悪循環」にハマりやすい人 

  

 

 

 

2. 職種を問わず、いそがしくて

   睡眠不足に苦しむ、すべての人

 

     

     ①残業や休日出勤などが多く、

      回復時間の不足を感じている人

  

     ②休日や自由時間はグッタリで、

      家族サービスなどもできない人

 

 

 

 

3. 感染症対策などのために、

   免疫力を高めたい人

 

     

     ①長期の実習などに臨むため、

      健康管理を徹底したい人

  

     ②感染リスクのある環境にいるため

      免疫力を高めて感染を防ぎたい人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の概要

 

 

 

 

長期実習を「短距離走ペース」で

駆け抜けるのには無理があります。

 

 

睡眠時間が足りず心身の健康を保てなければ、

有意義な実習にならないどころか、悪循環に

苦しみかねません。

 

 

でも「ピンチはチャンス」です。

この機会に「睡眠時間を確保するスキル」を

身につけましょう。

 

 

シンプルに「最少努力で最大効果」を実現し

得る方法なので、専門職として忙しい現場に

入ってからも、あなたを支え続けますよ。

 

 

医療福祉系でない人でも、

ご自分が置かれている環境に置き換えて、

どんどんアレンジして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の目次

 

 

 

 

第1章

 

睡眠時間の確保を「ジャマするもの」:

①メンタル的な要素

 

 

 A. メンタル要因で睡眠不足に

 

  1. ネガティブな「思い込み」

  2. あなたの「性格や性質」

 

 

 B. 自分を振り返るカンタンな方法

 

  「なぜ?を5回」くりかえしてみる

 

 

 

 

 

第2章

 

睡眠時間の確保を「ジャマするもの」:

②「ムダ」や「ロス」

 

 

 A. シンプルが一番

 

  増えたままにしない

  

 

 B. 「ムダ」や「優先」を割り出す

 

 

  1. 「逆に考える」と、浮かび上がる

  2. 「分解して考える」と、最小限に

 

 

 

 

 

第3章

 

睡眠時間の確保に「不足するもの」:

①帰宅後をラクにする準備

 

 

 A. 大まかなイメージ

 

 

  1. 睡眠時間は「疲れ具合」で変わる

  2. 「連動」できれば、好循環に

  

 

 B. 具体的な方法

 

 

  1. 使う道具もシンプルに

  2. 行動を「見える化」するメモ帳

  3. 最小限でメモを取る

  4. 「マストな作業」に集中

  5. 作業の「能率タイプ」も記入

 

 

 

 

 

第4章

 

睡眠時間の確保に「不足するもの」:

②スケジューリングのスキル

 

 

 A. タイム・マネージメント

 

 

  時間帯も「能率別」に分ける

 

   余談  24時間すべてを

     「ゴールデンタイム」に!

  

 

 B. スケジューリング

 

 

  1. 「朝型生活」のススメ

  2. 「スケジューリング」の方法

  3. さらに細かくマッチング

  4. 応用編:「高の時間帯」を

        つくり出そう!

 

 

 

 

 

第5章

 

睡眠時間の確保を「ジャマするもの」:

③さまざまな「疲れ」

 

 

 A. 疲れを最小限に

 

 

  1. 「疲れ」を軽くみない

  2. お金と同じで、疲れも「やりくり」

  

 

 B. 3つの疲れを「やりくり」

 

 

  1. 「頭の疲れ」をやりくり

  2. 「体の疲れ」をやりくり

  3. 「心の疲れ」をやりくり

  

 

 

 

 

第6章

 

睡眠時間の確保に「不足するもの」:

③コミュニケーションのスキル

 

 

 A. コミュニケーションは「共有がカギ」

 

 

  1. 「共有率」を高めて→お互い満足

  2. 「受け手」のスキル

  3. 「発し手」のスキル

  

 

 B. 実習がラクになる「共有」

 

 

  1. 指導者の意図から離れない

  2. 提出物は合理的に

  3. 治療見学も合理的に

  4. 「発表」で緊張しすぎないために

  5. 休憩時間に「共有」

 

   余談  「主観的」だと、苦しくなる

  

 

 

 

 

第7章

 

睡眠時間の確保に「不足するもの」:

④「分析→改善」の思考法

 

 

 A. 誰でも最初は苦手

 

 

  「雛形」を活用しよう

 

 

  

 

 B. だから、良い結果が出るのか!

 

 

  1. 「100%確かな情報」から集める

  2. 「事実だけ」では足りない

  3. 「考える」作業

 

   余談  

  「考える」を、使いまちがえている?

 

   余談 

  「考察」が、楽しくなって行く!

  

 

 

 

 

第8章

 

出版作品などのご紹介

 

 

 A. この本の内容と関連するもの

 

 

  1. この本の内容と関連するもの

  2. リハビリに関するもの

 

 

  

 

 B. その他

 

 

  1. 公式ホームページ

  2. SNS

  3. 無料メールマガジン

 

 

 

 

 

 

 

作品の補足

 

 

 

 

1. YouTube

 

  →再生リスト「(仮)睡眠時間を確保」 

 

 

 

 

 

他の出版作品

 

 

 

 

 

→過去作品のリストへ