お試し!レナト式リハビリ

 

 

 

論より証拠 !!

 

 

 

 

レナト式リハビリを簡単に試してみましょう。

 

相手に施すだけでなく、自分自身にも施せる

 

セルフ・リハビリの方法をご紹介します。

 

10秒あれば出来るので、まずはご自分で

 

効果を実感してみて下さい ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開始姿勢】

 

 

 

腰掛け座位(イスやベッド等に。横から

 見て、上半身が股関節の真上に垂直に

 なる姿勢

 

 

・ご自分の両手を、両膝に置いて下さい

 (右手を右膝に、左手を左膝に)

 

 

・両脚は軽く「内股」にしておきます。

 

 

 t.jpg

 

 

 

 

 

【方法】

 

 

 

・両手で両膝を手前に引きます(大腿骨を

 骨盤の方へ引きます)。

 

 

・お腹(腹筋)が「自動的に」収縮する感覚が

 得られれば、10秒間キープします。

 

 

 f.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【効果】

 

 

 

・(個人差はありますが)1日1回10秒を

 続けると1週間程度で腹筋が「自動的に」

 締まりやすくなります。

 

 

 

・体の中心で「力の拠り所」である腹筋が締ま

 ると体幹が安定し、いろんな姿勢や動作が

 安定します(逆に、お腹に力が入らないと、

 どんな姿勢や動作も不安定になりますね)。

 

 

 

・体幹の不安定性があった人で、腰や肩など

 周辺の筋肉が肩代わりして支えていた人

 (その結果、腰痛や肩こりになっていた人)

 は、ラクになります(腰痛や肩こりが軽減

 ・消失します)。

 

 

 

・イスを使う際は「背もたれ」が必須だった人

 は、体幹の支えが強まることで、気づいたら

 背もたれを使わなくなっていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【注意】

 

 

 

上半身が後傾または前傾していると、効果

 が出づらいです。

 

 上半身の重さが腹筋にうまく載らず、腹筋

 の緊張が高まりにく(フニャフニャの

 状態の筋肉に刺激を入れても収縮が強まり

 づらい)ためです。

 

 

 s.jpg

 

 

 

 

 

両脚(両膝)が開いているのも、効果が

 出づらくなります。

 

 大腿骨の開きに連動して骨盤が緩み、

 腹圧が下がることで腹筋の緊張も下がり、

 フニャフニャ状態になるためです。

 

 「内股」で行うのは、その逆の状態に

 するためですね。

 

 

 j.jpg

 

 

 

↑これらは「効果が出る」云々以前に、両膝を

 手前に引いた時に「腹筋の収縮」を感じ

 にくい(手ごたえを感じにくい)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考動画(YouTube)】

 

 

 

 

クリックすると動画へ移動します↓

 

p.jpg