作品紹介(リハビリシリーズの概要)

<英語版>

 英1.PNG

 

<中国語版>

2中国 (2).jpg

 

<スペイン語版>

ス3.PNG

 

<日本語版>

表紙写真トリミング済.jpg

5作目.jpg

 

 

 

 

 リハビリシリーズの主な対象者は、「あまり動けない人」です。

 

 

何らかの理由で「動きたがらない人」も同様です。

 

 

 

(但し、動ける人にも、もちろん効果はあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人があまり動けない(動かない)と、

 

 

介護をするご家族と「共倒れ」になりかねません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レナトのリハビリシリーズでは、

 

 

 

ご家族やリハビリの専門職以外のどなたでも、

 

 

 

簡単に出来る方法をお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

ご本人が自分で行える方法を紹介しているものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動作ができるようになるためには、

 

 

 

シンプルに以下の2つのことを行っていきます。

 

 

 

 

 

①動作に不足するものは足す。

 

 

②動作を邪魔するものは取り除く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、①の作業として、

 

 

 

 

 

力の拠り所を作り(1作目:出版済

 

 

 

 → 身体の土台を作り(2作目:出版済

 

 

 

 → 身体の柱を作ります(3作目:出版済

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、②の作業として、

 

 

 

 

身体の硬さや痛みを取り除き、

 

 

 

動きやすくして行きます(4作目:出版済)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、

 

 

 

それらを応用した介助方法や

 

 

 

 

在宅における様々なこと(誤解や悪循環、杖や歩行器など)も

 

 

 

お伝えしています(5作目:出版済)。