「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」前編

 

 ※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

 

 

 

190205 POD 疲れにくい方法 前編 a1.jpg

 

 

 

 

 

  

 

レナトの再生工場シリーズ

 

 

 

「人生100年時代 100年もたせるための 疲れにくい方法

 

 

 ~前編:体の疲れを抑える~

 

 

 

 

 ※紙の本も発売になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<前編の主な対象者>

 

 

 

 

●疲れやすい人、疲れに苦しんでいる人

 

→例:

 ・もともと虚弱

 ・加齢などで、疲れを感じやすくなった

 ・疲れが蓄積してしまっている

 ・疲れのせいで、以前と同じようにやれない

 ・休日はグッタリしてしまい、余暇も人生も楽しめなくなった

 

 

 

 

 

 

●頑張り過ぎてしまう人、メリハリをきかせられない人

 

→例:

 ・自分の動きを制御できない

 ・出力をコントロールできない

 ・リラックスするのが下手

 ・メリハリをきかせられない(受験生なら四六時中勉強、など)

 ・常に緊張している

 ・ヘトヘトになるまでやってしまう繰り返し

 ・体も、心も、頭も疲れてしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

●動きに無駄や無理が多い人

 

→例:

 ・用事を思い出す度、何度も往復してしまう

 ・用事を要領よくこなすことができない

 ・何が疲れる動きか、考えたこともない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

 

 

l  はじめに

 

l  主な登場人物とあらすじ

 

l  前編の主な対象者 期待される変化

 

l  疲れやすかった生活が激変した!

 

l  体の疲れ

 

l  具体的なマネージメント ~体のエネルギー~

 

l  重力に逆らう動きが最もエネルギーを使う

 

l  重力を味方につける動作の仕方 ~立上り~

 

l  重力を味方につける動作の仕方 ~階段~

 

l  移動(歩行)はあまりエネルギーを使わない

 

l  疲れる動き ~ブレーキ(止まる動き)~

 

l  疲れる動き ~クイックな動き~

 

l  そろっと動くと疲れにくく、好循環に

 

l  体のエネルギー漏れを感じて、防ぐ

 

l  力を抜く方法① 体の操作

 

l  力を抜く方法② 『~しながら休む』意識

 

l  『意識』を活用して、休日に余力を残す

 

l  回復 ~睡眠~

 

l  体の疲れは、心や頭の疲れと関連する

 

l  Q&A

 

l  まとめ

 

l  後編のご紹介

 

l  あとがき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

「人生100年時代」と言いますが、言葉だけでは無責任で、

 

 

 

 

具体的な方法が必要になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体力が低下すると免疫力が下がり、病気になりやすくなります。

 

 

 

 

体力を体のエネルギーとすると、

 

 

 

 

もともと虚弱な人や、体力の低下を感じて苦しんでいる人は、

 

 

 

 

それを「やり繰り」するスキルが必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前編では、

 

 

 

 

どのような動作が体のエネルギーをより浪費してしまうか、

 

 

 

 

それを抑えたり、回復するためにはどうすればいいか、など

 

 

 

 

簡単で具体的に説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「チリも積もれば、山となる」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「体のエネルギー」の節約により、

 

 

 

 

夕方になってもヘバらず、

 

 

 

 

平日で疲れ切ってしまわず余力を残し、

 

 

 

 

休日に余暇や趣味、家族サービスにエネルギーを回せる、

 

 

 

 

余力によって免疫力も維持され、病気になりにくい、

 

 

 

 

そんな生活や人生に変換する、お手伝いができれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」後編へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ