「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」前編

 

  

 

 表紙

 

190205 POD 疲れにくい方法 前編 a1.jpg

  

 

 

 

 

タイトル

 

 

「人生100年時代 100年もたせるための

  疲れにくい方法」

 

  ~前編:体の疲れを抑える~

 

 

 

 

 

販売形式

 

 

 

Amazonにて

 

  →電子書籍

  (Kindle Unlimitedにご登録の方は

  無料の「読み放題」の対象です)

 

 

  →紙の書籍

 

 

 

 

 

 

 

この本の主な対象者

 

 

 

1. 疲れやすい人、

   疲れに苦しんでいる人

 

 

     

     ①もともと虚弱気味な人

  

     ②加齢や病気などで疲れやすく

      なった

 

     ③疲れが蓄積している人

 

     ④疲れのせいで、以前と同じように

      活動できていない人

 

     ⑤休日はグッタリしてしまい、

      余暇も人生も楽しめなくなった人

  

 

 

 

 

2. がんばり過ぎてしまう人、

   メリハリをきかせられない人

 

     

     ①リラックスするのが下手な

  

     ②ペース配分やギアチェンジが

      苦手な人

 

     ③常に緊張している人

 

     ④ヘトヘトになるまで

      やってしまう人 

   

 

 

 

 

3. 動きにムダやムリが多い

 

     

     ①要領よく用事をこなせない

  

     ②何が疲れる動きか分からない人 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の概要

 

 

 

 

「人生100年時代」という言葉だけ

では無責任ですね。具体的な方法を

絵本風にご紹介しています。

 

 

 

 

体のエネルギーをムダに使っていては疲れて

当然ですが、どういう体の使い方がムダで

ロスが追いのかを把握していないと、節約

できません。

 

 

 

鍛えることが目的なら、動きの負荷を大きく

すればいいですが、体力を節約したいなら、

その逆の動きが必要になります。

 

 

 

 

体力に余裕ができれば、あなたが本当にしたい

活動にもエネルギーを回せますし、免疫力が

高まれば感染症も予防しやすくなります。

 

 

 

「やりくり」の仕方を身につけて、あなたの

人生をより豊かに、輝かせて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の目次

 

 

 

 

●疲れやすかった生活が激変した!

 

 

 

  ●体の疲れ

 

  ●具体的なマネージメント

 

   ~体のエネルギー~

 

 

  ●重力に逆らう動きが

   最もエネルギーを使う

 

 

  ●重力を味方につける動作のしかた

 

   ~立ち上がり~

 

   ~階段~

 

 

 

 

●移動(歩行)はあまりエネルギーを使わない

 

 

 

  ●疲れる動き

 

   ~ブレーキ(止まる動き)~

 

   ~クイックな動き~

 

 

  ●そろっと動くと疲れにくく、好循環に

 

 

 

 

 

●体のエネルギーの漏れを感じて、防ぐ

 

 

 

  ●力を抜く方法

 

   ~①体の操作~

 

   ~②「~しながら休む」意識

 

 

  ●「意識」を活用して、休日に余力を残す

 

  ●回復 ~睡眠~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の補足

 

 

 

1. YouTube

 

  →再生リスト:

   「疲れにくい方法」 

 

  

 

 

 

 

 

出版作品

 

 

 

→この本の後編へ

 (受け手の立場で共有率を高める方法)

 

→出版作品のリストへ