「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」後編

※画像クリックで、Amazonの販売ページへ移動します。

 

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

 

 

190205 POD 疲れにくい方法 後編 a1.jpg

 

 

 

  

 

レナトの再生工場シリーズ

 

 

 

「どんどん解決していく 判断のしかた

 

 

 ~後編:材料を集めて分析し、判断する~

 

 

 

 

 ※紙の本も発売になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<後編の主な対象者>

 

 

 

 

 

●心(精神)が疲れやすい人、その影響が出てうまくいかない人

 

→例:

 ・繊細、デリケート

 ・気を遣い過ぎる

 ・対人関係に苦労する

 ・優し過ぎる

 ・精神的に緊張しやすい

 ・相手の不誠実な言動にダメージを受けやすい

 ・理性で感情を押さえつけ過ぎる

 ・すぐ「いっぱいいっぱい」になる

 ・自分は何をすれば心が疲れるか、把握していない

 ・自分は何をすれば心が回復するか、把握していない

 

 

 

 

 

 

 

 

●頭(脳)が疲れやすい人、その影響でうまくいかない人

 

→例:

 ・考え過ぎ(考えなくてよいことまで、考えてしまう)

 ・無駄に頭を使う(的を外している)

 ・頭をできるだけ疲れさせず有効に使う意識がない

 ・『能率』の意識が乏しく、効果的なスケジューリングも意識していない

 ・自分は何をすれば頭が疲れるか、把握していない

 ・自分は何をすれば頭が回復するか、把握していない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <目次>

 

 

  

l  後編の主な対象者 期待される変化

 

l  主な登場人物とあらすじ

 

 

 

 

 

<心の疲れ>

 

 

l  疲れは体だけではない

 

l  心と体はつながっている

 

l  心もお金と似ている

 

 

l  自分は何に心のエネルギーを削られるか

 

l  関わり方の『量』をコントロールする

 

l  関わり方の『質』をコントロールする

 

l  自分は何から心のエネルギーを回復するか

 

l  体と心の疲れは、頭がコントロールしている

 

 

 

 

 

<頭の疲れ>

 

 

l  頭の疲れ

 

l  思考の流れをジャマされると、頭は疲れる

 

l  思考力が低下すると、メチャクチャ

 

l  『能率』の意識

 

 


 

l  『血糖値』の上昇で『能率』が下がる

 

l  自分の食後『血糖値』・『能率』の変化を知る

 

l  『能率』は自分でコントロールできる

 

l  24時間すべてゴールデンタイム』になる

 

l  各作業を区分→『高・中・低』と『最高』に

 

l  一つの作業も分解→『高・中・低』の作業に

 

余談:欧米人のメリハリ

 

 

l  各作業の妥当な所要時間を割り出す

 

余談:最少タッチ!

 

 

l  妥当な『質と量』を定め、手札として使う

 

l  自分のスケジュールを『デザイン』する

 

l  あとは好きにアレンジを

 

l  『忙しい』のは、特定の場合のみ

 

l  その他の頭の疲れ

 

 

 

l  他者の疲れを最小限に ~本当のチームプレー~

 

l  他者のためにメリハリをつける

 

l  疲れは周囲に波及する

 

l  体・心・頭の疲れは、全て連動している

 

l  無防備で苦しんでいる人にはスキルが必要

 

l  道を知っていることと実際に歩くことは違う

 

 

 

l  Q&A

 

l  エンディング

 

l  まとめ

 

l  次作のご紹介

 

l  あとがき

 


 

 

 

<内容>

 

 

後編の主な対象者は、

 

 

 

心(精神)が疲れやすい人や頭(脳)が疲れやすい人、

 

 

 

そのために苦しんでいる人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何があなたの心や頭のエネルギーを削ってしまうかを知り、

 

 

 

 

それを抑えて健康な状態を維持したり、

 

 

 

 

疲れても回復するためにはどうすればいいか、

 

 

 

 

など簡単で具体的に説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1日24時間全てが、何らかの作業を行うゴールデンタイムにできる「時間管理」の方法も、具体的にご紹介しています。

 

 

 

 

忙しい人でも趣味などの時間をしっかり取れたり、

 

 

 

 

受験生でもリフレッシュできる理にかなったスケジューリングの方法や、

 

 

 

 

欧米人のようなメリハリがきいた濃密なアウトプットができる方法、

 

 

 

 

「最少努力で最大効果」を実現する方法もご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」前編へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ