「人生100年時代 100年もたせる 疲れにくい方法」後編

 

  

  

 

 表紙

 

190205 POD 疲れにくい方法 後編 a1.jpg

  

 

 

 

 

タイトル

 

 

「人生100年時代 100年もたせるための

  疲れにくい方法」

 

  ~後編:心と頭の疲れを抑える~

 

 

 

 

 

販売形式

 

 

 

Amazonにて

 

  →電子書籍

  (Kindle Unlimitedにご登録の方は

  無料の「読み放題」の対象です)

 

 

  →紙の書籍

 

 

 

 

 

 

 

この本の主な対象者

 

 

 

1. 心(精神)が疲れやすい人、

   その影響に苦しんでいる人

 

 

     

     ①繊細・デリケートな人

  

     ②優し過ぎる

 

     ③精神的に緊張しやすい人

 

     ④他者からの不誠実な言動に

      ダメージを受けやすい人

 

     ⑤理性で感情を押さえつけ

      過ぎる人

  

 

 

 

 

2. 頭(脳)が疲れやすい人、

   その影響に苦しむ人

 

     

     ①考え過ぎて苦しむ

  

     ②ムダに頭を使ってしまう

 

     ③効果的に行動する

      意識が乏しい人

 

     ④自分が何で頭が疲れるか

      把握していない人 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の概要

 

 

 

 

「人生100年時代」という言葉だけ

では無責任ですね。具体的な方法を

絵本風にご紹介しています。

 

 

 

 

心のエネルギーをムダに使っていては、精神

衛生上もよくありません。必要以上に重荷を

抱え込まないことや、具体的な「やりくり」

の方法が必要になります。

 

 

 

また、「司令塔である頭」の疲れは、体や心の

疲れにも大きく影響しやすいため、頭の疲れを

できるだけ抑えて、司令塔がプレーしやすい

状態に保つことも大事になります。

 

 

 

方法は色々あり得ますが、理にかなった

「スケジュール」つくれるようになり、

ロスを減らし、あなたのキャパシティー内で

「疲れをやりくり」する方法も有効です。

 

 

 

お金と同じで、「疲れもやりくり」できれば

大きく崩れることなく続けて行けますね。

疲れをゼロにすることはできなくても、常に

最小限に抑える方法を身につけて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の目次

 

 

 

 

●心の疲れ

 

 

 

  ●疲れは体だけではない

 

  ●心と体はつながっている

 

  ●心もお金と似ている

  

 

 

 

 

●何に心のエネルギーを削られるか

 

 

 

  ●関わり方の「量」をコントロールする

 

  ●関わり方の「質」をコントロールする

 

  ●何から心のエネルギーを回復するか

 

  ●心と体の疲れは、頭がコントロール

   している

  

 

 

 

 

●頭の疲れ

 

 

 

  ●思考の流れをジャマされると、

   頭は疲れる

 

  ●思考力が低下すると、メチャクチャ

  

 

 

 

 

●「能率」の意識

 

 

 

  ●「血糖値」の上昇で、「能率」が下がる

 

  ●自分の食後血糖値と能率の変化を知る

 

  ●「能率」は自分でコントロールできる

 

  ●「24時間すべてゴールデンタイム」に

  

 

 

 

 

●各作業を区分

 

 

 

  ●一つの作業も分解

 

   余談  欧米人のメリハリ

 

 

  ●各作業の妥当な所要時間を割り出す

 

   余談  最少タッチ!

 

 

  ●妥当な「質と量」を定め手札として使う

 

  ●自分のスケジュールを「デザイン」する

 

  ●あとは好きにアレンジを

 

 

 

 

 

●忙しいのは、特定の場合のみ

 

 

 

  ●その他の頭の疲れ

 

  ●他者の頭の疲れを最小限に

 

   ~本当のチームプレー~

 

 

 

  ●他者のためにメリハリをつける

 

  ●疲れは周囲に波及する

 

  ●体・心・頭の疲れは、全て連動している

 

  ●無防備で苦しむ人にはスキルが必要

 

  ●道を知っていることと、歩くことは違う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品の補足

 

 

 

1. YouTube

 

  →再生リスト:

   「疲れにくい方法」 

 

  

 

 

 

 

 

出版作品

 

 

 

→この本の前編へ

 (受け手の立場で共有率を高める方法)

 

→出版作品のリストへ