「どんどん解決していく 判断のしかた」後編

 

※電子書籍が発売されました(表紙やタイトルをクリックすると、Amazonのページへ進みます)

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

 

 

後編表紙1.jpg

 

 

 

  

 

レナトの再生工場シリーズ

 

 

 

「どんどん解決していく 判断のしかた

 

 

 ~後編:材料を集めて分析し、判断する~

 

 

 

 

 ※紙の本も発売になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<後編の主な対象者>

 

 

 

 

 

●臨機応変に対応するのが苦手な人

 

 

→例:

 ・具体的な方法が分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

●人間関係で悩んでいる人

 

→例:

 ・悪化した原因が分からない

 ・関係改善がうまく行かない

 ・できることが限られてきた

 ・相手に問題があると信じている

 

 

 

 

 

 

 

 

●周囲からバカにされてしまう人

 

→例:

 ・間が悪い

 ・状況にそぐわない言動をする

 ・説得力がない

 ・ミスを繰り返す

 

 

 

 

 

 

 

 

●夢や目標を「予定」に変えて、実現したい人

 

→例:

 ・プロスポーツ選手になりたい

 ・志望する会社や大学に入りたい

 ・お金を貯めたい

 ・自分の努力が報われて欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

●指導する立場だが、うまくいってない人

 

→例:

 ・相手をうまく導けていない

 ・相手を褒める点も、的外れ

 ・指導内容の根拠の妥当性が低い

 ・相手から信頼されない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

⚫ はじめに

 

⚫ 後編の主な対象者 → 期待される変化

 

⚫ 主な登場人物とあらすじ

 

⚫ インスタント食品、少し手間をかけた料理 

 

⚫ 『考える』を正しく使えていなかった

 

⚫ この本での言葉の使い方 

 

⚫ 作業のサイクル

 

⚫ 分析・改善の骨組み

 

⚫ 目的

 

    余談:『主観的な人』は、根拠も再現性も乏しい

 

      余談:『主観的な人』は、真実に無関心  

 

 

⚫ 事実と意見とは、絶対に区別する

 

⚫ 1.事実の列挙 ~事実が最優先される~

 

⚫ 2.他者からの(専門的な)情報

 

⚫ 3.受けた印象(唯一、主観で良い項目)

 

⚫ 1~3までの整理

 

⚫ 4.シナリオや仮説が自然と浮かぶ

 

⚫ 5.追加調査したくなる情報

 

⚫ 6.考察(1回目)

 

     余談:『臨機応変』も『メリハリ』も、分析できてこそ

 

    

⚫ プロスポーツ選手になりたい人の例

 

⚫ お金を貯めたい人の例

 

⚫ 指導する立場の人の例

 

     余談:『予測』の精度が上がり、処理速度も上がる

 

     余談:『予測』できる人が育ちにくい土壌  

 

 

⚫ 新しい環境に挑戦する人の例

 

     余談:相手を消化不良にさせる不誠実さから『負の連鎖』へ  

 

 

 

⚫ Q&A 

 

 <レナトの分析・改善方法について>

 

 <『主観的な人』『自分本位な人』について>

 

 <『予測』について>

 

 <『人間関係』で、どう活用されるか>

 

 <その他のメリット・デメリット> 

 

 

 

 

⚫ エンディング ~整然とした道筋は常にある~

 

⚫ まとめ

 

⚫ 次作のご紹介

 

⚫ あとがき 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

 

前編はインスタント食品のような、

 

 

 

 

その場で簡単にできる判断や分析の方法をご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

後編では、もう少しだけ手間をかけた料理のような

 

 

 

 

材料を集めて分析し、最適な改善案を出す(判断する)

 

 

 

 

 

という方法をお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分析の仕方を学校などで習う機会のない人にとっては、

 

 

 

 

とっつきにくい、敷居が高いイメージがあるかも知れませんが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンパターンに行えるように方法をまとめてありますし、

 

 

 

 

ほとんど何に対しても使えるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の努力がちゃんと良い結果に結びついて欲しいという人に

 

 

 

 

お使い頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→「どんどん解決していく 判断のしかた」前編へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ