「どんどん解決していく 判断のしかた」前編

 

※電子書籍が発売されました(表紙やタイトルをクリックすると、Amazonのページへ進みます)

 

 

 

※Kindle Unlimitedに登録されている方は、¥0で読み放題の対象になります。

 

 ↓

 

 

 

表紙サンプル6.jpg

 

 

レナトの再生工場シリーズ

 

 

 

「どんどん解決していく 判断のしかた

 

 

 ~前編:インスタントに分析して判断する~

 

 

 

 

 

 

 

 

※紙の本も発売になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<前編の主な対象者>

 

 

 

 

●「判断」が苦手な人

 

→例:

 ・優柔不断

 ・とっさに判断できない

 ・緊張すると頭が真っ白になる

 ・判断しても良い結果にならない

 ・後悔することが多い。

 

 

 

 

 

 

●テキパキと作業するのが苦手な人

 

→例:

 ・物事に優先順位をつけられない

 ・最少の手数で作業できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

●無駄が多いと周囲から言われる人

 

→例:

 ・努力が的外れで、結果が出にくい

 ・ポイントをつかむのが苦手

 ・他者よりも作業に時間がかかる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<目次>

 

 

 

⚫ はじめに

 

⚫ 前編の主な対象者 → 期待される変化

 

⚫ 主な登場人物とあらすじ

 

⚫ 良い判断ができると、生まれかわれた!

 

⚫ 『考える』を正しく使えていなかった

 

⚫ 定義(この本での言葉の使い方)

 

⚫ 便利な方法① 『逆に考えてみる』 

 

    余談:優先順位のつけ方は、目的や理由で変わる  

 

 ・判断・決断が苦手な人の場合

 

 ・「話が長い」と言われる人の場合 

 

 

 

⚫ 便利な方法② 『進めて考えてみる』 

 

    余談:周囲からバカにされてしまう人  

 

 

 

⚫ 便利な方法③ 『なぜ?を5回』

 

⚫ 便利な方法④ 『分解してみる』

 

⚫ まとめ

 

⚫ 後編のご紹介

 

⚫ あとがき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

 

 

 

 

人生は『判断』の連続ですね。

 

 

 

あの時、あっちの道を選んでいれば・・という後悔が少ないほど

 

 

 

 

納得のいく人生になっている、と言えるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択や判断には、人生を変えるような大きなものあれば、

 

 

 

日常のこまごましたものもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、

 

 

 

 

方程式のように、何度でも使える判断のツールをもっていると

 

 

 

 

とても重宝しますし、それが簡単な方法であると、

 

 

 

 

ずっと使える便利なツールとして、あなたを支え続けてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前編では、その場ですぐに使えるインスタント食品のような?

 

 

 

 

簡単でシンプルな方法をご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れて頭がうまく働かない時や、

 

 

 

 

予想外なことが起こって頭が真っ白になりそうな時でも、

 

 

 

 

機械的に毎回判断できるので、

 

 

 

 

どんどん使ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

→「どんどん解決していく 判断のしかた」後編へ

 

 

 

 

→「出版作品のご紹介」へ