在宅生活の継続(入院や施設入所をしない生活の継続)

このページは作成中です。

This page is currently in prodction.

 

 

 

 

 

「住み慣れた自宅がいい」「入院・入所は費用

 

がちょっと・・」など、在宅生活の継続を望む

 

理由はそれぞれですね。

 

 

 

 

 

 

実際、入院・入所は費用以外にも手続きの手間

 

などがありますし、コロナ禍の状況では別な

 

心配も色々とあるため、なおさら在宅生活を

 

継続したい人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

大病や交通事故などを除いて、よくある入院・

 

入所のパターンは次のようなものがあります。

 

 

 

 

①自宅で転倒→手術が必要な大ケガ→入院

 

 

 

②自宅でよく転ぶ・転びそうになる

 

 →大ケガなどが心配(自宅における介護力

 

  が不足)→施設入所

 

 

 

③入院や入所中に身体能力が低下し、自宅

 

 復帰は無理と判断→施設入所(の継続)

 

 

 

 

 

 

 

③は病院や施設のリハビリで改善しなかった

 

場合なので(ご家族にはどうしようもない

 

ため)除きますが、

 

 

 

 

 

 

①と②は、自宅にいながらでも身体能力を

 

向上・維持させられれば、防ぎ得るものです。

 

①と②に共通する「転倒」に関するフロー

 

用意してみました↓

 

 

 

 

 

 

 

あなたの高齢のご家族は、最近実際に

 

転倒しましたか? 

 

 

 

 

→Yes(最近、転倒した←入院はしていない)

 

 

 

→No(転倒していないし、動作も安定的)

 

 

 

→No(転倒していないが、動作が不安定)