お尻(しりもち)

 

 

 

「転倒=上半身の落下」ですが、その落ち方

 

には、いくつかのパターンがあります。

 

 

 

 

 

「お尻を打ちつけた(しりもちをついた)」

 

場合は、上半身が下方へ落下したということ

 

ですね。

 

 

t.jpg

 

 

 

重い上半身の落下を食い止める大きな仕事は

 

骨や筋肉などの「協働作業」ではありますが、

 

その主役は「お尻まわりの筋肉」です。

 

 

 

 

 

 

お尻の筋肉が生まれつき大きく設計されて

 

いるのは、大きな仕事をするためですね。

 

そのお尻まわりの筋肉が痩せてフニャフニャに

 

なっていると、重い上半身を支えきれず、

 

(上半身の落下=)転倒しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

「しりもち」の場合は、たちくらみ等の場合を

 

除いて、お尻の筋肉の中でも特に後方や下方の

 

部位が痩せてしまうと起こりやすくなります。

 

痩せて弱くなっているため、引き伸ばされる

 

力に負けやすく、脚の付け根(股関節)が

 

曲がりやすくなってしまうためです。

 

い.jpg

 

 

 

こういう場合、お尻の筋肉をつけてあげれば、

 

「しりもち」を起こしにくくできるのですが、

 

お尻の筋肉を高齢者などでもカンタンにつけ

 

られる方法が必要になりますね。

 

 

 

 

 

 

若い人が行うような負荷が大きい筋トレは

 

無理があるので、「レナト式リハビリ」では、

 

ドアをノックするようにトントンするだけの

 

カンタンな方法をご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

参考動画:

 

【家族もできるリハビリ】筋トレ:

 高齢者や片麻痺の方向け↓

 

d.jpg

 

 

 

この方法なら、高齢者などあまり動けない人や

 

動きたがらない人に対しても行えますし、寝た

 

切りの人に対しても臥位の状態で行えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬場は布団から出てくるのを嫌がる高齢者など

 

に対しても、施すあなたが布団に手をいれて

 

あげれば行えます。

 

 

 

 

 

 

 

相手からすれば、あたたかい布団に入ったまま

 

心地よいトントンの刺激でお尻の筋肉がつき、

 

転倒しにくくなるので、拒否されにくいです。

 

 

 

x.jpg

 

 

 

 

より効果が出やすい工夫や、逆に効果が出に

 

くくなる注意点などの詳細は出版作品

 

「家族もできるリハビリ・シリーズ」の

 

2作目に書かせてもらいましたので、

 

よかったらご覧下さい。

 

Kindle Unlimitedにご登録の方は無料で

 

ご覧になれます(読み放題の対象です)↓

 

 

 

 

 

該当する出版作品:クリックでご紹介ページへ移動します↓

 

.7画像7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

→フローの最初のページへ戻る

 

 

→サイトマップで全体像を見る