収入を確保しつつ、質の高いリハビリを提供する方向性になって欲しいです

 

 

 

 

 

世間では、介護職や保育職の賃金の低さが問題になっていますが、

 

 

 

 

どっこい、リハビリ専門職の賃金も安いのです(具体的な金額は言いませんが、苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃金が安いと生活設計がしづらいため、当然ながら、

 

 

 

 

 「もっと収入を得るには、どうしたらいいか」という思考になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ専門職の中には、「医療保険・介護保険制度の中では、望む収入額はムリ」と、

 

 

 

自由診療や、(開業権はないので)整体のような感じで開業する人がいますし、

 

 

 

 

増えている印象を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律内であれば勿論、個人の自由ですので、別に良いのですが、

 

 

 

 

「腕のいい人」 が流出してしまうことを、私は懸念しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「報酬額で正当に評価されたい」←人間として、当然の欲求です。

 

 

 

 

「治療成績の悪い治療家たちと、同じ報酬では我慢できない」←ごもっとも、です。

 

 

 

「医療保険や介護保険ベースでの収入では、将来、家族を養えない」←望む生活レベルなどにもよりますが、否定しにくい現状はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、それでも、あえて言うなら、

 

 

 

 

「そういうものを超えて、目の前の苦しむ人々に尽くせる人」には、残って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、収入は何も、本業のみから得るものとは限りませんね。

 

 

 

 

例えば、年金がらみで「投資」業界が活性化しているようですが、

 

 

 

 

そういう何か別な手段で収入を伸ばして行くのも、一つの方法ではありそうです

 

 

 

 

(決して、投資をお勧めしているのではないですし、やるなら自己責任です。無責任なことを言うつもりもありません。)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、「腕がいいリハビリ専門職」を自覚している人なら分かるはずですが、

 

 

 

 

「治療成績が良い=分析・改善の能力が高い」と言えますので、

 

 

 

 

基本的に、投資でも経営でも、その能力でうまく行く可能性が比較的高いと考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「投資収入で生活資金はOK、本業のリハビリは薄給だけど、

 

 

 

 

目の前に苦しんでいる人達がいるから、やってやるさ」というような、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「奉仕の精神」と「腕の良さ」とを持つ「本物な」リハビリ専門職

 

 

 

 

削られ行く医療保険や介護保険のサービス内でリハビリを受けている人々を

 

 

 

 

支え続けてくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリ専門職にとって「不利な条件(より少ない介入頻度・介入時間、症状の重さ、環境の悪さなど)」の中で良い結果を出し続けられる人が

 

 

 

 

「本当にスキルの高い人」と言えますし、本来もっと高く評価されるべき人です。

 

 

 

 

周囲の人達に「本物を見る目」が不十分であっても、

 

 

 

 

くさらないで欲しいです。

 

 

 

 

少なくとも私は、そういう人の価値を分かっていますよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の能力や優しさ、知性などを高いレベルで融合させ、

 

 

 

 

自分も無理せず、理にかなった貢献ができる「ハイブリッドな人材」。

 

 

 

 

他の人が何と言おうが、私はそういう人を尊敬しますよ。