医療費を節約 介護費を節約

「リハビリにかかる費用?」の補足になりますが、

 

 

 

リハビリ現場でよく見られる「悪循環」の例を示しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

<悪循環1>

 

 

 

 

①病気やケガ、加齢などの理由で、動きにくくなる。

 

 

②動かないと(活動量が乏しくなると)、全身が硬くなる。

 

 

③全身が硬いのに動こうとすると、痛みが出る。

 

 

④痛いから、動かなくなる。

 

 

⑤動かないから、余計動けなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも、

 

 

 

 

<悪循環2>

 

 

 

 

 

①病気やケガ、加齢などの理由で、動きにくくなる。

 

 

②動かないと(活動量が乏しくなると)、身体の支えが弱くなる(体幹や股関節の周囲にある筋肉など)。

 

 

③身体の支えが弱くなると、安定して動けない(歩けない、転ぶ、など)。

 

 

④安定して動けないと、動きたくなくなる。

 

 

⑤動かないから、余計動けなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<上記の悪循環と、費用との関係>

 

 

 

 

※悪循環1・2のいずれも、それによりご家族の介護が大変になるだけでなく、受診などの外出に介護タクシーなどの費用がかかってきます。

 

 

 

 ※悪循環1のように痛みが出れば、整形外科などでの治療費や、市販されている湿布代などの費用がかかってきます。

 

 

 

 

※悪循環2のように転んでしまうと、骨折などの大けがをした場合、手術・入院の費用がかかります。

 

 

頭を打って脳に損傷すると、ずっと麻痺が残ったりして、医療費や介護費がかかり続ける可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

これらの費用(出費)は、「動ける体」にしておけば、いずれも防げる可能性が高いものです。

 

 

 

レナトの出版作品では、ご家族やリハビリ専門職でない人でもリハビリできるよう、

 

 

簡単な方法で、絵など豊富に使って絵本風に説明させてもらっています。

 

 

 →悪循環1に関しては、リハビリシリーズの4作目で、

 

 

→悪循環2に関しては、リハビリシリーズの1~3作目でお伝えしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと医療費や介護費がかかり続けるのは、大変です。

 

 

ご家族がやれる余地を、試しておいて損はないと考えます。