動きにくさは、本当に歳や病気のせいですか?

 

 

 

 

 

 

 <関連動画(YouTube:音声あり)>

 

 

 

・【家族もできるリハビリ】まとめて改善:一歩が出ない、すり足・小刻み歩行、つまずき、階段昇降など ↓

 

 

リハ2  滞空時間 4.23.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歳だから、とか

 

 

 

 

病気だから、とか

 

 

 

 

動きにくさの理由をそれらが原因と思い込んでいませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

 

『パーキンソン病だから、小刻みな歩き方になる』とおっしゃる方の場合、

 

 

 

 

2作目でご紹介したお尻まわりの筋肉をつくることで、

 

 

 

 

片脚で支える能力が高まり、反対側の脚を振り出す滞空時間をかせげるようになることで、

 

 

 

 

小刻み歩行が改善する人がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であれば、この場合は、

 

 

 

 

小刻み歩行は物理的に筋肉の支えが弱かったために、

 

 

 

 

結果的に現象として起こっただけであって、

 

 

 

 

病気のせいではない、と判別できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小刻み歩行で言えば他にも、4作目でご紹介しましたが、

 

 

 

 

全身的に(筋膜が)硬くなると、

 

 

 

 

歩く際に骨盤がしっかり横に移動するのを邪魔されるので、

 

 

 

 

やはり体重移動が不十分で、

 

 

 

 

振り出す脚の滞空時間を充分取れず、早く落下するため、

 

 

 

 

結果として(物理的に)小刻みな歩行になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これも、筋膜をほぐして改善するようなら、

 

 

 

 

やはり、歳や病気のせいではないわけです。

 

 

 

 

『朝起きた時は小刻み歩行だけど、日中はそうでもない』

 

 

 

 

というケースは、睡眠中に柔軟性が低下した筋膜が、

 

 

 

 

日中にほぐれてきて、骨盤の移動を邪魔しなくなったから、と考えると辻褄が合います。

 

 

 

 

 

こういうケースには、4作目の方法などでほぐせば、

 

 

 

 

 

その場で小刻み歩行がなくなることがよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

病気に対する薬などの治療はもちろん継続が必要ですが、

 

 

 

 

 

物理的な支えを作ったり、

 

 

 

 

動きを邪魔する硬さなどを取ってあげて、

 

 

 

 

動ける状態を整えることで、

 

 

 

 

『この整えた状態でも動けないなら(例えば、小刻み歩行になるなら)、病気の影響の可能性が高い』と

 

 

 

 

ここで初めて判別できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レナト式リハビリは、そういう『余地』をつぶして行けるように、

 

 

 

 

尚且つ、ご家族もできる、簡単で負担の少ない方法に厳選してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ医療費や介護費を払い続けるのでなく、

 

 

 

 

それらを最小限に節約できるツールとしても

 

 

 

 

使って下さると幸いです。