在宅で起こりやすい『悪循環』

 

 

 

 

病院に入院(施設に入所)している間は、

 

 

 

 

定期的に体を動かす(動かされる)機会が設けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッド上なら、

 

 

 

 

ずっと同じ姿勢で床ずれ(褥瘡)ができないように「体位交換」。

 

 

 

 

車椅子で日中過ごす人なども、

 

 

 

 

リハビリや体操、レクリエーションの時間など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、在宅ではどうでしょう?

 

 

 

 

自宅は自分の城けあって、

 

 

 

 

自分が動きたくなければ(動くのが億劫なら)、

 

 

 

 

一日中、動かないで過ごせてしまいます

 

 

 

 

他人から強制される機会は、ほぼないでしょう。

 

 

 

 

訪問リハビリを入れても、週1~2回、1時間程度しかないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退院後(退所後)、

 

 

 

 

ご家族は最初の頃こそ、ご本人に体操や運動などをさせようとしますが、

 

 

 

 

ご本人が億劫がって拒否したりすることが続くと、

 

 

 

 

ご家族も気力がなえてきてしまいます。

 

 

 

 

そのうち、ご家族からは「頼むから、少しは運動してくれよ」と

 

 

 

 

言われるだけの状態に落ち着きかねません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事にしても、自分の城にいますから、

 

 

 

 

入院中の管理された状態ではないので、

 

 

 

 

自分が食べたいものを食べ、しっかり太り、動かない生活を続ける人が出て来ます。

 

 

 

 

動くのが更に億劫になったり、体重増加で関節に痛みが出たりと、

 

 

 

 

どんどん、動けなくなる『悪循環』へ、ハマって行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人も困るでしょうが、

 

 

 

 

もっと困るのは、ご家族です。

 

 

 

 

ご本人がトイレまで自力で安全に往復できなければ、

 

 

 

 

下の世話を家族がすることになる可能性が高いですし(訪問サービスがある時間帯以外は)、

 

 

 

 

デイサービスに行ってもらうことになっても、

 

 

 

 

玄関までは家族が介助しなければいけないことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日、大変なことになるので、

 

 

 

 

ご家族が体を痛めて医療機関にかかってしまっていたり、

 

 

 

 

心理的ストレスから体調を崩している例を、私も何度も見かけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在宅ならではの負の要素は他にもあり、

 

 

 

 

ずっと寝ている(車椅子に座っている)と、

 

 

 

 

体重で押しつぶされている体の面が硬くなってきます。

 

 

 

 

最近話題の「筋膜」が伸びることが出来ない状態になってきますので、

 

 

 

 

全身に硬さが波及し、動こうにも体の硬さが邪魔をして、

 

 

 

 

(筋力低下以外にも)動きにくい要素が増えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、リハビリシリーズの4作目を出版させて頂きました

 

 

 

 

その中で、硬くなってしまったために寝返れなくなることや、

 

 

 

 

車椅子からズリ落ちやすくなること、

 

 

 

 

腰痛など痛みが出やすくなって、

 

 

 

 

にっちもさっちも行かなくなる話や対策などをお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『在宅ならではの悪循環』は、とても深刻なものがあります。

 

 

 

 

高齢化で病院や施設のベッドが不足して入れなくなること以前に、

 

 

 

 

介護スタッフの不足で入所制限を始めている高齢者施設も出てきていますので、

 

 

 

 

今後ますます、自宅で過ごす(ご家族がその介護をする)ケースが増えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家族が『共倒れ』になることを防ぐために、

 

 

 

 

少しでもお役に立てれば、と願っています。。。

 

 

 

 

 

 

 

→4作目「身体の硬さや痛みを取り、動作をなめらかにする」