レナト式リハビリは、相手を「最適化」します

 

 

 

 

リハビリを狭義の「動作改善」だとすると、

 

 

 

 

レナト式リハビリの2本柱は、

 

 

 

 

①動作に足りないものは、足す

 

 

 

 

②動作を邪魔するものは取り除く

 

 

 

 

この2つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①は例えば、身体の支えになる筋肉を作ったり、

 

 

 

 

生まれつき持っている運動連鎖のシステムを再構築したり、というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②は、身体(筋膜)の硬さをほぐしたり、

 

 

 

 

それに関連する痛みを取ったりすることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古くて動きが悪くなったパソコンでも、

 

 

 

 

余計なものを捨てて軽くしたり、

 

 

 

 

動きの良くなるソフトを入れたりすれば、

 

 

 

 

古いなりに、最も動けるようになりますね。

 

 

 

 

つまり、古いという条件下で、「最適化」されたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体や動作にも、同じことが言えます。

 

 

 

 

年齢や病気、身体の傷み具合などは人それぞれですが、

 

 

 

 

上記の2本柱でリハビリすると、その条件下で最も動ける状態になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、「最適化」する以上のリハビリを、

 

 

 

 

人間が人間に対して行えるでしょうか?(再生医療等は例外ですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古いパソコンも最適化すれば使い易くなるように、

 

 

 

 

人間の身体も①と②を行えば、最適化されて、与えられた条件下で最も動けるようになります。

 

 

 

 

それが、「ベストを尽くした結果」と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誤解があって欲しくないのは、

 

 

 

 

「ベストを尽くす=苦しい努力をする」ではない、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「最適化」は人間の身体にとって「理にかなった状態」へもって行くことですから、

 

 

 

 

当然、「理にかなった方法」で進められるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無理・無駄などがある方法で、

 

 

 

 

「理にかなった状態」へ向かえるはずがないですものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その過程は、リハビリを受けるご本人からすれば、

 

 

 

 

「ラクで」、「気持ち良い」ものであり、

 

 

 

 

その結果、「具体的な改善」が訪れる、というものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

 

①の方法は、1~3作目でご紹介し(配信済)

 

 

 

 

②の方法は4作目でご紹介しています(配信済)