良いリハビリの先生の見分け方

リハビリを受けたい(家族に受けさせたい)と思った時に不安になるのが、

 

 

 

「良いリハビリの先生に巡り合えるのか?」ということですよね。

 

 

 

 

 

 

 

これまで、医師に関しても、

 

 

 

「お医者さんによって、全然違うなあ。私はこういうお医者さんがいい。」

 

 

 

みたいな感想を持ったことがある人も多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、リハビリの先生に関しては、

 

 

どういうポイントを見ればいいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで、私見かつ1例に過ぎませんが、

 

 

私がこれまで大勢のリハビリの先生を(自分もリハビリ専門職として)見てきた経験からは、

 

 

 

以下のようなポイントで見分けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いリハビリの先生は、簡単に言うと、

 

 

 

「ちゃんと説明してくれて、具体的な結果(変化)が出せる人」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちゃんと説明」というのは、

 

 

 

 

・専門用語は極力使わず(当たり前ですが)、

 

 

・質問には、ごまかさず全て答えてくれて(更に当たり前ですが)、

 

 

・初回ないし早い段階から「ここが悪いので、こう介入して行きます。見立てでは、これくらいの期間で、こうなる可能性が高いです。」と伝えてくれる人です。

 

 

・こういう人は、論理的で、話している内容の「整合性」がとれているものです(話の辻褄がちゃんと合っています)。

 

 

・説明能力が高い人なら、相手に医療知識がなくとも、「なるほど」と納得のいく順序や例え話で説明してくれます。

 

 

 

 

・客観的に分析が出来ている人なら、話し方が「~だと考えられる」とか「~の可能性が高い」と自然となります。

 

 

 

※これはとても大事なことです。仮に結果が自分の予想と異なっていても、

 

 

 

 

(この検査結果をみると)『こう考えざるを得ない』『この可能性が最も高い』と客観的に考えられている証拠であり、その人のエゴ(こうあって欲しい、その結果自分が称賛されたい)という想いは排除されている状態で、信憑性が高いのです。

 

 

 

 

リハビリは医学であり、科学なので、基本は客観的でなければなりません。主観を入れて良いのは、『今日は顔色が悪そうだなあ』のような『印象』の項目だけなのです。

 

 

 

 

ところが、科学であるリハビリを実践できていない自称治療者は、

 

 

 

 

エゴや主観を、至る所にちりばめてきます。

 

 

 

 

そういう人は要注意です。必ず『思う』が口癖になっています(後述します)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

「具体的な結果(変化)が出せる」というのは、

 

 

 

・治療が進む中で、見立てで説明した通りに、具体的な改善等を見せてくれる人です

 

(例えば、「これくらいの期間で、立ち上がれるようになりますよ」→「実際できたでしょう」、という感じ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、その逆はどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

・説明は専門用語だらけ(けむに巻かれたように感じますね)。

 

 

・質問にちゃんと答えてくれない(論外ですね。軽んじられてる感じがしますよね)。

 

 

・初回ないし早い段階で、道筋を示せない(「この先生、大丈夫?」と不安になりますよね)。

 

 

・話の整合性がとれていない(「この間言っていたことと違う」と不信感を持ちますよね)。

 

 

・話が主観的。こういう人の話し方は「~だと思う」に自ずとなります

 

 

 

分析できていないので、最も可能性が高いことを割り出せていないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは非常に大事なことなので、もう少し付け加えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な例え話ですが、皆さんが熱を出して病院を受診した際に、

 

 

お医者さんがもしも「主観的」だったら、どうしますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「え?、熱?、ああ、ただの風邪だと俺は『思う』よ。」

 

 

「え?、検査?、ああ、しなくても大丈夫だと『思う』よ。」

 

 

 

「え?、薬?、ああ、それ効くと『思う』よ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうですか? こわいですね?

 

 

 

何ひとつ、客観的な根拠がなく、確かさの度合いが低く

 

 

 

その人が『そう思う』というだけの治療なんてされたら、

 

 

 

患者さんは、たまったもんじゃないですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者でそういう人はまずいないでしょうが

(いたら『ヤブ医者』と呼ばれるんでしょうけど)、

 

 

 

リハビリの専門職には、残念ながら、少なくないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんがリハビリの先生を選ぶ際に、よく聴いてみて下さい。

 

 

 

『思う』を連発してないか。

 

 

 

 

こういう人の説明をきいても、おそらく理解できない可能性が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、治療に関しても、

 

 

・当然、具体的な改善は見られません。

 

 

・良くならないどころか、あちこち痛くなったり、余計に悪くなったりすることも多いです。

 

 

・良くならない言い訳ばかり並べ、あげく利用者(患者)さんのせいにしたりします(果てしなく論外です)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでにリハビリの経験がある人なら、心当たりのある内容だったかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に一つ付け加えると、

 

 

 

 

残念なことに、「経験年数」は、あてになりません

 

 

 

 

経験年数とは、適切な方向に経験を重ねてこそ意味のあるものですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療者と称して、自分がやりたいことばかり積み重ね、

 

 

 

あらぬ方向に進んでしまった人は、

 

 

 

 

何年臨床をやっていようが、「新人」です。

 

 

 

本当の新人よりも謙虚さがない分、もっとタチが悪いかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリも人間がやる仕事なので、個人の資質の差が大きく出ます。

 

 

 

 

皆さんが良いリハビリの先生に巡り合えることを、心からお祈りします。